スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弛緩。

20081005vsGife

J2第39節対FC岐阜。

天気が心配されたが、試合前には日差しも出始め、長袖では少し暑いくらいの陽気となった。ピッチ状態は前回の鳥栖戦同様良くない。

今日、笠松に足を運ばれた方は、とても悔しい思いをしたことだろう。自分も今日はとても悔しかった。悔いが残ることがあった。1点目が入った時、「今日は楽勝だな。」と思ってしまったことだ。

前半7分、短いダイレクトパスがつながり、堀の美しいゴールが決まると、スタジアムを包んだ空気は、「弛緩」だった。少なくとも私はそう感じた。

この気の緩みこそが今日の最大の敗因ではないか。

やはり水戸は、まだまだ発展途上のチームだと、改めて思い知らされるゲームとなった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。