スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRM VS栃木SC @栃木県グリーンスタジアム

グリスタに始めて来ました。
栃木グリスタ
かなり傾斜が付いてて見やすい。まるで野球場のような傾斜。
やっぱりトラックがないのは良いね。最前列だと選手に触れそう。
水戸市陸もこれぐらい傾斜がつくといいな。

さて、完全なる敗北から一夜明け、かすかな光明を探してみる。

スタメンは、
10 19
8 22 33 17
2 21 14 20
28

ここ2週公式戦のない栃木だが、鷲田や佐藤悠介ら主力はおらず、サブ組の模様。

開始1分。右サイドで起点をつくり、倉本がゴール前に突進した後のこぼれ球を、菊岡が落ち着いてズドン!幸先良く先制。

しかし、菊岡、小澤の連携が悪く、何度も左サイドを破られる。

そして、18分。左サイドを栃木小林に破られ、中央にクロス。星野のクリアミスが向の前に転がり、カバーに入った森に当たるもネットを揺らされる。

さらに、36分。小澤の軽い対応でまたも小林にサイドを突破され、中央にクロス。ニアに走りこんだ横山がヘッドでズドン!2失点目。

前半終って1-2。水戸は満生の強引な突破からのシュートと、西野のミドルがあった程度で、ほぼ栃木ペースで推移。左サイドがことごとく破られたため、今日キャプテンマークを巻いた大将が、菊岡と小澤を怒鳴り散らす場面もあった。
栃木グリスタ満生


後半のメンバーは、
10 23
8 32 33 17
2 21 14 20
31

栃木は武田が登場。かなり風貌が変わったね。
栃木グリスタ武田

遠藤が巧みな動きでボールを引き出し、前線でタメを作る。これでボールが回るようになり、支配率で栃木を上回る。しかし、なかなかシュートまで行けない。ボランチに入った大和田がしびれを切らして果敢に攻め上がり、シュートを放つ場面もあった。

70分、21、33、2に代えて、11、15、27を投入。

石川くんのオーバーラップがチャンスを生み、そのままエリア内に進入し、倒されたように見えたが、オフェンスファウル。この後にも良い上がりがあり、積極性が目立った。

80分、10に代えて5。塩沢がFWに上がる。

後半は得点なく試合終了。後半は水戸ペースだったが、ゴールは奪えず。一様に皆動きが重かった。

特に小澤は深刻に見えた。広島戦も直前にメンバーから外れたのもうなずける。このままでは次節スタメンも難しいだろう。J2を一年間レギュラーで戦うのは初めてと言うこともあり、少し疲れが出ているのかもしれない。右手の怪我も影響しているのだろう。思い切って少し休ませた方がもいいかもしれない。

かすかな光明は、、、遠藤の元気な姿ぐらいしかなかったなあ。
ボランチのまーくんも元気でした!
スポンサーサイト

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。