FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習が休みなので。

こんなネタを一つ。日経ネットから。


J2水戸、ファンクラブを再編・ポイント制カード導入

 サッカーJリーグ2部(J2)の水戸ホーリーホックを運営するフットボールクラブ水戸ホーリーホック(水戸市、宮田裕司社長)はファンクラブを再編した。新組織を立ち上げ、これまでの小中学生に加え高校生もJリーグの試合を無料観戦できるようにしたほか、全国の商店街と共通のポイント制会員カードを発行する。会員と観客動員を増やす狙い。

 従来の組織活動を終了して、新たに「オフィシャルサポーターズクラブ」を設立し、会員の募集を始めた。入会金1000円、年会費は一般会員が3000円。18歳以下の「フューチャーズ」は1000円。7月末までの入会者は入会金を無料とする。

 フューチャーズ会員はSまたはA席が無料で観戦できる。無料の対象を高校生にも広げて観戦を促し、将来、チームを支えてくれるサポーターを獲得したい考え。

 カードはシステム開発のクラブネッツ(東京・千代田、冨安仁社長)が全国の商店街向けに展開しているポイント制カードの機能を持たせる。全国約8000の商店で買い物をした際にポイントをため、航空会社のマイルなどと交換できる。


これは一定の評価を得ているとみていいのだろうか。

クラブネッツの加盟店は、現在、県内に数店しかないらしいが、クータとの連携により、今後拡大していくことが予想されるし、クータの広告掲載店などにサポートシップスポンサーの拡充が図れれば、直接クラブの収益につながる。

他のクラブの取り組みがどんなものか分からないのだが、以前よりはいくらかましになるのではないか。運営を外部に委託したことで、手間と労力をかけずに済む分、他のところに力を入れて欲しいところだ。

いずれにせよ、これからの取り組み方に成否がかかってくるだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。