FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントから読み取る新戦力の実力。

新体制発表がありました。
080122新体制


注目は、新加入選手達のコメント。
ここから、プレースタイルや、意気込みが感じ取れるのです。

まずは今季の目玉、赤星から。
赤星貴文選手「攻撃が好きなので、パスなどで貢献できればと思っています」
この言葉どおり、紅白戦では気の利いたパスを前線に送り込んでいた。ラストパスが受け手と合い出せば、貴重なホットラインが形成されるはず。

続いて、高卒で水戸の10番を付ける事になった満生。
満生充選手「スピードやフィジカルを生かして、ゴール前で迫力あるプレーを泥臭くしたいと思います」
泥臭くと言うのは彼の好きな言葉で、とにかくゴールにねじ込むことに美学を感じているようだ。スピードやフィジカルと言う言葉が出てきたのは、それには自信があると言うことだろう。

続いて、関東2部得点王の触れ込みでやってきた荒田。
荒田智之選手「動き出しを早くして中盤からのパスで裏に抜け出して、シュートまで持っていって点を決めたいと思います。そういうプレーが自分の売りだと思っています」
実は紅白戦でこういったプレーが見られた。パスを出したのは赤星で、彼のパスに感じられる貴重なFWになるかもしれない。

続いて、インカレ準優勝、サポの期待は高い菊岡。
菊岡拓郎選手「自分は得点に絡むプレーを売りにしているというか目標なので、ゴールなりアシストなりにチームに貢献できたらと思っています」
やはり攻撃的な選手。体が小さく、守備に不安は残るが、まずは良和を手本にスタメン奪取を目指して欲しい。

出場機会を求めてやってきた元天才児、弦巻。
弦巻健人選手「僕は中盤ならどこでもできるので、試合に絡めるように。どこでもできることが売りだと思うので、常に準備をしていたいと思います」
基本的には中盤のセンター、サイド両方で使われることになりそう。長いシーズンでは必ず彼の力が必要になるだろう。出場機会を得た時にいいプレーをして、レギュラーを奪取したいところだ。

最後に、オランダで武者修行してきた小澤。
小澤雄希選手「僕は左サイドバックをやっていますが、積極的な攻撃参加をして、どんどんシュートをしたり、得点に絡めるようにやっていきたいと思います」
もともと攻撃的MFだったと言うことで、攻撃が好きなサイドバックと言うことだろう。
水戸では磯崎敬太以来の本職の左サイドバックと言うこともあって、クラブの期待も大きい。
彼からたくさんのクロスが上がれば、塩沢、西野が必ず決めてくれるだろう。


木山監督のコメントもなかなか分かりやすく面白かった。
後は、いかに実践できるか。

練習を見る限りでは、意欲的に取り組み、効果的、効率的に練習メニューを組んでいるように思われる。筑波時代のコーチを引っ張ってきて、万全の体制を敷けたと思うので、厳しいようだが1年目からある程度の結果を求めたい。自身の希望と言う、一桁順位をノルマとしたい。
スポンサーサイト

コメント

旅行・留学・アウトドア

旅行・留学・アウトドアを探すなら http://www.tsunamiya.com/200162/101242/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。