スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRM VSジェフリザーブズ

本日行われたジェフリザーブズのTRMをリポートします。
PICT0001.jpg


14時には着いていたのだが、すでに試合は始まっていた。
どうやら13時半ごろ試合開始したらしい。

トップは午前の練習のみで、私服で観戦してました。
試合はサブ組と練習生中心。スタメンは次の通り。

  練習生 エジナウド
ユース 森 練習生 ユース
練習生 初田 金 木村
     武田

ジェフリザーブズは3-5-2システムのよう。

PICT0002.jpg


試合は30分ごろから見始めたのだが、すでに両チーム1点ずつ入っていた。こちらの得点はエジがロングフィードから個人技でキレイなシュートを決めたらしい。観たかった。

ユース、練習生が多く、連携不足からか攻め手がない。終始ジェフに押し込まれる展開。最後のところで初田と金が体を張って防いでいた。後は木村のオーバーラップが目立ったのみ。

後半のメンバーはこちら

   練習生 ユース
SFC ユース 大橋 島貫
中村 初田  篠 木村
    武田(本間)

後半もジェフペースで進む。水戸はジェフDFラインを崩しきれず、ミドルシュートなどを撃つのが精一杯。それでも大橋のこぼれ球ミドルやボランチに入っていたユースの子が裏に飛び出して放ったシュートなどは見応えがあった。

試合の方は、後半38分に裏に抜け出した⑨河野(日体大)に決められると、緊張が切れたのか、42分にコーナーキックからこぼれ球を押し込まれ、43分にもCBの裏を突かれ3失点。篠や木村は本来のポジションではなかったが、練習生ではなくいつもやっているメンバーだけに、無失点で切り抜けて欲しかった。

嬉しいニュースは本間の復帰。後半途中から約30分プレーした。見た感じはケガの影響はなさそう。ホームC大阪戦あたりで復帰するかも。原田の調子がいいので、今季は出番がないかもしれない。
PICT0003_20071115004448.jpg

残念ながら目立ったのはジェフの選手達ばかりだった。後半から出場の20番蓮沼(明海大)のパスセンスと裏への飛び出しはなかなか良かった。主に右サイドでプレーした35番松本(トップから移籍中)の突破、シュートはキレがあった。椎原の例もあるように来季水戸でプレーしてもおかしくない選手ばかりだ。

水戸で目立ったのは大橋の当たりの激しさと、木村の攻撃参加。ユースの後輩と一緒にプレーしていたせいもあって、気合が入っていた。木村は入団してからDFをやらされることが多いが、やはり攻撃センスに光るものを感じる。もっと前でプレーする彼をみてみたい。

練習生では後半から左サイドでプレーしていた外国人の彼。ジャージに書いてあった文字から調べてみたら、SFC(杉並フットボールクラブ)のアラバジュオグラル・チャーラルくんとのこと。SFCは東京のクラブユースで全国での実績はないが、関東ではそこそこのレベルらしい。プレースタイルはワイドのサイドアタッカーで、スピードがあって、クロスの質がいい。水戸は外国人枠が余っているので、将来性を買って獲得してもいいかも。
PICT0015.jpg

監督らしき人と来ていたが、商談はうまくいったかな?
PICT0012.jpg

ユースっ子もがんばれ!
PICT0022.jpg


水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム
()
不明

商品詳細を見る
イングランドの名門mitre社の水戸ホーリーホックオフィシャルユニーフォームです。
スポンサーサイト

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。