スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニューアルのお知らせ。

オフィシャルHPのリニューアルに合わせて、弊ブログもリニューアルいたします。

新アドレスはこちら FC水戸の日々2.0へ

ブックマーク、RSS等にご登録いただいている方は、登録変更の方をよろしくお願いします。

しばらくはちょっと暇なので、更新頻度も増やしたいと思ってます。
スポンサーサイト

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

J2・第39節 水戸4失点、岐阜に大敗

茨城新聞より転載します。
松本記者の見解は、自分とほぼ同じものでした。

20081006ibarakin
 Jリーグ2部(J2)第39節最終日(5日・笠松運動公園陸上競技場ほか=5試合)水戸は岐阜に1-4で敗れ、今季3度目の3連勝を逃した。水戸の今季通算成績は12勝7分け17敗、勝ち点43で10位。

 水戸は前半7分、MF堀のゴールで先制すると、その後も両サイドを有効に使った攻撃で相手を圧倒した。しかし、決定機を生かせないまま迎えた同36分に同点弾を許すと、後半は岐阜のペース。7分、左クロスが中央でこぼれた所を押しこまれて逆転ゴールを献上し、34分とロスタイムにサイドを崩されて失点。今季最多タイとなる4失点の大敗を喫した。

【写真説明】
水戸-岐阜 前半7分、水戸MF堀(左)が先制ゴールを決める=笠松運動公園陸上競技場


水戸 先制実らず、ミスから自滅
 ここ13試合白星から見放されていた岐阜に大量4失点。決して「まさか」の大敗ではなく、水戸には教訓含みの試合となった。
 前半7分の先制点から30分近くまでは完全に水戸ペース。笠松のグラウンドはこの日も荒れ芝に近い状態だったが、まずはボール保持をして相手の出方をうかがい、両サイドのMF菊岡、堀をうまく使って主導権を握った。
 しかし、その後の展開で、自ら試合を決め切る力が無いことを証明した。追加点が奪えなくても単調なボール回しを繰り返す。そのわずかなリズムの乱れが守りのズレを生む悪循環。36分の同点弾は、左サイドで簡単にクロスを許したところから生まれた。
 後半はミスから自滅。ハーフライン付近でパスカットされると、当然のようにサイドバック裏のスペースを使われた。7分は左、34分は右サイドからフリーでクロスを上げられ、得点につなげられた。
 DF平松が「相手どうこうというより自滅」と振り返ったように、リードしてからの戦いは、あまりにつたなかった。MF村松も「相手の出方によってやり方を変えないといけない」と悔しさをあらわにした。
 重要なのは次の戦い。ボール保持を大切にすることは決して間違いでないし、ミスを恐れては攻撃的なサッカーなどできない。最初に見せたような複数の人間がボールに絡むサッカーを忘れさえしなければ、この敗戦は決して無駄にはならない。

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

弛緩。

20081005vsGife

J2第39節対FC岐阜。

天気が心配されたが、試合前には日差しも出始め、長袖では少し暑いくらいの陽気となった。ピッチ状態は前回の鳥栖戦同様良くない。

今日、笠松に足を運ばれた方は、とても悔しい思いをしたことだろう。自分も今日はとても悔しかった。悔いが残ることがあった。1点目が入った時、「今日は楽勝だな。」と思ってしまったことだ。

前半7分、短いダイレクトパスがつながり、堀の美しいゴールが決まると、スタジアムを包んだ空気は、「弛緩」だった。少なくとも私はそう感じた。

この気の緩みこそが今日の最大の敗因ではないか。

やはり水戸は、まだまだ発展途上のチームだと、改めて思い知らされるゲームとなった。

本日のかせんしき

天高く、水戸肥ゆる秋。

20081003tr

ミューティングが長引いたのか、40分ほど遅れて練習開始。

ウォーミングアップ、ボール回しなどの後、10VS10、2/3コートのミニゲーム。
メンバーは以下のとおり。

黄色ビブス
  19 9
6 16 7 8
 2 21 4
   1

ピンクビブス
  23 29
25 18 30 17
 32 3 37
   28

ビブスなし
  10 24
27 22 26 20
 14 11 5
   31

10分×3本、黄色VSピンク、ピンクVSなし、なしVS黄色の順に対戦。

ゲーム終了後、クーリングダウン。


練習を見た限りでは、ボランチにパクチュホが復帰しそうだ。赤星とビジュが出場停止の中、これは嬉しいニュースだ。左MFには堀が入り、CBには星野が復帰か。CBをタイプ別に分けると、人に強い平松、大和田、カバーリングに長ける星野、秋葉となるようで、CBコンビとしてのバランスを考えると、この一方ずつの組み合わせがベストなのかもしれない。岐阜の前線には背の高い選手がいないことも星野の復帰を後押ししたようだ。

他は前節と変わらない模様。ケガ人が続出しなければ、一人や二人の出場停止では戦力が落ちないぐらいの選手層になってきたのは、心強いところだ。

次節対戦の岐阜は、前節久々の勝ち点を獲得したとは言え、まだまだ不調の波の中にある。順位的にも下に位置するため、ホームでもあり、絶対に勝たなければならない試合となる。こういったことがメンタル的にどう作用するかは分からないが、うまく仙台戦勝利の勢いを持ち込みたいところだ。

個人的にはU-19代表に定着しつつある遠藤の活躍に期待したい。この試合後に代表キャンプに合流することになっており、アジア選手権も戦うことになると、しばらくチームを離れることになる。その前にぜひ、Jリーグ初ゴールを決めてもらいたいものだ。

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。