FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収束へ

どうやら事態は収束へ向かっている模様。

個人的には納得がいったけど、全員が全員納得できる話ではなかった。

詳しくは明日の茨城新聞をチェック!
スポンサーサイト

流れは変わったのか?

先日のC大阪戦での勝利、スタジアムの雰囲気、サポーターの声。

少し流れが変わってきた気がする。

祈・前田監督続投。

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

TRM VS江戸川大学(千葉大学リーグ1部)

11月28日に行われた江戸川大学とのTRMをレポートします。
TRM vs江戸川大


試合はサブ組と練習生中心。スタメンは次の通り。

   ウィリアム 工学院①
コリア レフティ 大橋 マジーニョ
 金   初田  篠   木村
        武田

対戦相手の江戸川大学は、千葉大学リーグ1部に所属し、上位リーグである関東大学サッカーリーグへの進出、そして大学選手権(インカレ)出場を目標としているチーム。
監督には元市原の鈴木秀生氏を据え、強化に力を入れている。
PICT0007_20071130182017.jpg

今日のシステムは4-4-2の模様。

試合は水戸が圧倒的に攻め立て、前半終ってのシュート数は13対1。この数字が示すとおりの内容だった。しかし、ゴールはCKから工学院①のヘディングがバーを叩いたところを篠が頭で押し込んでの1点のみとなった。決定的なチャンスをつくりながら決められない展開となった。

後半のメンバーはこちら。

 ウィリアム 工学院①
      孝明
工学院③ 森 工学院②
コリア 初田 大橋 木村
      原田

中盤のキーマン二人が抜け、孝明が不慣れなトップ下を務めたことまあり、バランスが崩れ攻守に精彩を欠いた。途中からウィリアムに代えて眞行寺を入れるも、うまく機能せず、シュートは8本放つもどれもゴールネットは揺らさなかった。1-0のまま試合終了となった。

この日目立ったのは、FWに入りフル出場した工学院①こと練習生の彼。日本工学院サッカーコースの受講者で、多々良学園出身とのこと。180cmを超える長身ながら、スピードがあり、積極的に裏へ抜け出してシュートを放っていた。放ったシュートはなんと11本。この積極性は評価したい。
PICT0006_20071130181956.jpg

前半ボランチに入ったレフティ(仮)は、左足からのパスとドリブルでチャンスを演出した。CKやFKのキッカーも務めた。だが、2度の決定機を決めきれず、格下相手と言うこともあり、助っ人としてはこれぐらいやってくれないと、、、と言う感じだった。

前半右MFに入ったマジーニョ(仮)は、小柄な体を活かしたすばしっこい動きと、ダッシュ力が目立った。
PICT0005.jpg

注目のFWウィリアムは残念ながら大物の片鱗は見せず終い。前ちん曰く、「ボールを引き出す動きができていない」とのこと。右クロスから合わせたヘディングが唯一の見せ場となった。来日から1週間しか経っていないので、もう少しみてみたいところだ。
PICT0004.jpg

この3人は全員コスタリカ出身で、ウィリアムとあと1名がコスタリカU-22代表なのだそうだ。
残念ながら情報がなく、裏は取れず。ただ、情報元はたしかなので、おそらくほんとでしょう。

後半途中からなんと宮田社長が登場。
一連の監督解任騒動を受けての行動とみられるが、真相はいかに?
PICT0014.jpg

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

J2水戸 サポーター、署名提出 前田監督の続投求めて

2007/11/22(木) 茨城新聞朝刊 スポーツ A版 7頁
 Jリーグ2部(J2)水戸の前田秀樹監督の退任が濃厚となったことを受けて21日、一部のサポーターが監督の続投などを求める署名をクラブ側に提出した。
 水戸市梅香の水戸の事務所を訪れたのはサポーターグループ「VIENTO AZUL」の三輪和也代表。19、20の2日間で集めたという501人分の署名を宮田裕司社長に手渡した。
 三輪代表は「クラブを良くしていくためにはどうすれば良いのか。いずれにしても、クラブについていくしかないので、説明はしっかりしてほしい」と求めた。宮田社長は「シーズンが終わってから動く形になるが、続投にしろ退任にしろ、経緯の説明は行いたい」と答えた。

現場とフロント意識の乖離露呈
 J2水戸が来季体制をめぐって揺れている。シーズン終盤で経営側は前田秀樹監督退任の意向を示唆したが、現場との意識の乖かい離りが浮き彫りになり、今後の展開次第ではクラブの将来を左右しかねない状況にある。
 水戸は現在、最下位に低迷。結果だけを見れば指揮官が責任を問われるのは当然と言える。しかし、チームは大幅な改革の途上にあり、鬼塚忠久強化部長も開幕前、「最下位にならない戦いをしろというのなら、おそらくできる。しかし、それでは順位が2つ3つ上がるだけで、チームは何も変わらない。Jリーグ最少の予算で良くなっていくには、少しずつ積み上げていくしかない」と中長期的な視点での改革を強調。一方、今年4月に就任した宮田裕司社長は「来季は非常に重要な1年。水戸を良くするため経営者として(体制について)さまざまな選択肢を用意しておかなければならない」と話す。
 しかし、再来年に水戸市立競技場の改修工事の終了を控え、同競技場を舞台にアピールを強めていきたい水戸にとって改革に乗り出した矢先での監督交代の危険性を指摘する声もある。関係者の一人は「(監督に就任して)もう5年目だからでは理由にならない。(予算などで)普通のクラブではないのだし、水戸の事情に理解を示し続けてくれた前田監督が崩れたらどうなるか分かっていない」と憤る。
 いまだ現場を含めクラブ方針が一本化されない中で、監督退任の方向性が示唆されたことで現場は動揺している。21日、宮田社長は「最終的な発表はシーズンが終わってから」と説明。鬼塚強化部長は「情報が下りてこない。いまは分からないとしか言えない」と語った。この状態が続けば来季構想の立ち遅れも懸念される。「市民クラブ」を掲げる水戸だが、不透明な現状は市民不在の感がぬぐえない。

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

TRM VS流通経済大学(JFL)

監督解任の噂もなんのその。今日もFC水戸は行く。

本日行われた流通経済大学とのTRMをレポートします。
TRM vsRKU


試合はサブ組と練習生中心。スタメンは次の通り。

   エジ 島貫
森 村松 スイス 練習生1
金 初田 ブルーノ 大橋
     本間

流経大はJFL参戦チームとのこと。
昨年まで水戸に在籍していたガッツこと森コーチも帯同。ちょっと太ったね(笑)
4-4-2でスタート。後半途中から3-5-2へ。

ゲームはほぼ互角の展開。外国人ボランチスイスの散らしが冴え、水戸のサイド攻撃が活性化。練習生1のドリブル突破や、村松の縦横無尽の動きで多彩な攻撃を繰り出す。しかし、流経大のプレスがたくみで、ゴールは奪えず、逆に慣れないCBコンビの間を通され、失点。

後半のメンバーはこちら

      遠藤 富士大
練習生2 椎原 スイス 眞行寺
 木村   篠 ブルーノ 大橋
      本間(原田)

後半はやや水戸ペース。富士大の裏への飛び出すスピードがすばらしく、何度か決定機をつくった。ケガ明けの遠藤もポストプレイやヘディングなどでチャンスを演出。2人のFWで7本ものシュートを放った。

椎原やスイスのようなパサータイプのMFは受け手がいると真価を発揮する。何度か決定機をを外してきた富士大だが、4度目でようやくゴール。右サイドからのグラウンダーのクロスをGKの手を弾いてゴールへ流し込んだ。

このまま1-1で試合終了。お互いにそれぞれの特徴を出し合った試合でした。

水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム
()
不明

商品詳細を見る
イングランドの名門mitre社の水戸ホーリーホックオフィシャルユニーフォームです。

TRM VSジェフリザーブズ

本日行われたジェフリザーブズのTRMをリポートします。
PICT0001.jpg


14時には着いていたのだが、すでに試合は始まっていた。
どうやら13時半ごろ試合開始したらしい。

トップは午前の練習のみで、私服で観戦してました。
試合はサブ組と練習生中心。スタメンは次の通り。

  練習生 エジナウド
ユース 森 練習生 ユース
練習生 初田 金 木村
     武田

ジェフリザーブズは3-5-2システムのよう。

PICT0002.jpg


試合は30分ごろから見始めたのだが、すでに両チーム1点ずつ入っていた。こちらの得点はエジがロングフィードから個人技でキレイなシュートを決めたらしい。観たかった。

ユース、練習生が多く、連携不足からか攻め手がない。終始ジェフに押し込まれる展開。最後のところで初田と金が体を張って防いでいた。後は木村のオーバーラップが目立ったのみ。

後半のメンバーはこちら

   練習生 ユース
SFC ユース 大橋 島貫
中村 初田  篠 木村
    武田(本間)

後半もジェフペースで進む。水戸はジェフDFラインを崩しきれず、ミドルシュートなどを撃つのが精一杯。それでも大橋のこぼれ球ミドルやボランチに入っていたユースの子が裏に飛び出して放ったシュートなどは見応えがあった。

試合の方は、後半38分に裏に抜け出した⑨河野(日体大)に決められると、緊張が切れたのか、42分にコーナーキックからこぼれ球を押し込まれ、43分にもCBの裏を突かれ3失点。篠や木村は本来のポジションではなかったが、練習生ではなくいつもやっているメンバーだけに、無失点で切り抜けて欲しかった。

嬉しいニュースは本間の復帰。後半途中から約30分プレーした。見た感じはケガの影響はなさそう。ホームC大阪戦あたりで復帰するかも。原田の調子がいいので、今季は出番がないかもしれない。
PICT0003_20071115004448.jpg

残念ながら目立ったのはジェフの選手達ばかりだった。後半から出場の20番蓮沼(明海大)のパスセンスと裏への飛び出しはなかなか良かった。主に右サイドでプレーした35番松本(トップから移籍中)の突破、シュートはキレがあった。椎原の例もあるように来季水戸でプレーしてもおかしくない選手ばかりだ。

水戸で目立ったのは大橋の当たりの激しさと、木村の攻撃参加。ユースの後輩と一緒にプレーしていたせいもあって、気合が入っていた。木村は入団してからDFをやらされることが多いが、やはり攻撃センスに光るものを感じる。もっと前でプレーする彼をみてみたい。

練習生では後半から左サイドでプレーしていた外国人の彼。ジャージに書いてあった文字から調べてみたら、SFC(杉並フットボールクラブ)のアラバジュオグラル・チャーラルくんとのこと。SFCは東京のクラブユースで全国での実績はないが、関東ではそこそこのレベルらしい。プレースタイルはワイドのサイドアタッカーで、スピードがあって、クロスの質がいい。水戸は外国人枠が余っているので、将来性を買って獲得してもいいかも。
PICT0015.jpg

監督らしき人と来ていたが、商談はうまくいったかな?
PICT0012.jpg

ユースっ子もがんばれ!
PICT0022.jpg


水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム
()
不明

商品詳細を見る
イングランドの名門mitre社の水戸ホーリーホックオフィシャルユニーフォームです。

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

第49節愛媛戦

足利で行われたホーム愛媛戦は、序盤から水戸がボールを支配し、猛攻を仕掛ける展開になりました。

右サイドの大将がファーストシュートを放つと、水戸のサイド攻撃が冴え、水戸が愛媛を攻守に圧倒する。しかし、再三のチャンスも決め切れないと言う今シーズンの悪い癖が顔を出し、前半は0-0で終了。

後半は攻め疲れからか愛媛の反撃を受けるも、すぐに主導権を取り返し、サイドチェンジから右クロスを塩沢がダイビングヘッドするなど、決定的チャンスを作り出す。そしてついにゴールが生まれたのが85分。DFからのフィードが愛媛GKの前でバウンドすると、GKの手の中に収まる前に大将がボールをかっさらい、DFのチェックを振り払い、無人のゴールへ落ち着いてシュート。待望のゴールが生まれた。

その後、前がかりになる愛媛に対し、カウンターから何度かチャンスをつくるが、これも決めきれず、そのまま試合終了。

早い時間に先制すると、ゲームメイクが不安定になるだけに、終了間際の得点が逆に功を奏したとも言える。それにしても決定力不足は相変わらず。前半決め切れなかったツケが後半のジョジマールのバー直撃シュートなどにつながっていて、あれを決められていたら、笑えない結末を迎えていただろう。

リーグ再開初戦は、課題が残った試合だったが、最下位脱出に向けていいスタートが切れた。けが人に悩まされた今シーズンだったが、ようやく戦力が整ってきており、残り3試合は全部勝つことが至上命題と言える。来年へ宿題を残さないように、FW陣の奮起が望まれるところだ。

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

セレクションは重要な強化の場

今年もセレクションの時期になりました。

このセレクションからは、昨年は森選手がトップ契約を果たすなど、毎年埋もれた才能を発掘する場でもあります。

プロ野球の合同トライアウトで野村楽天監督が「ここはうちの最大の強化の場」と話していましたが、それは水戸にも言えること。

Jリーグの合同トライアウトやセレクションは、他のクラブと金銭的な争奪戦ができない事情を鑑みると、本当に貴重な強化の場といえるでしょう。なんらかの事情で調子を落としている選手も、ふとしたきっかけで再生することは良くあります。ぜひ、前田再生工場のように、安くていい選手を見つけて欲しいです。

鬼さん頼むよ!

※小椋は移籍の話が出ているようです。仕方のないことですが、本人の将来を考えると、もっと上のレベルでやることが必要だと思います。トゥーリオのように、水戸から大きくはばたいて行って欲しいです。しっかり移籍金を残してね(笑)。

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

2007.11.01 水戸ホーリーホックトップチーム2008セレクション参加者募集のお知らせ

この度水戸ホーリーホックは2008トップチームセレクションを下記の通り実施いたします。
1.日時

<第1次審査>

受付8:30~9:00
平成19年12月8日(土)
/ 選考会10:00~16:00
<第2次審査>
受付8:30~9:00 平成19年12月9日(日)
/ 選考会10:00~12:00
2.内容 ゲーム形式
3.会場 ホーリーピッチ (茨城県水戸市水府町864-6)
○アクセス・・・JR常磐線「水戸駅」下車、徒歩10分
4.参加費 10,000円(申込手続き後は、返却不可)
5.応募資格 ①18歳以上の方(2007年4月1日現在)
②合格した場合、水戸ホーリーホックと契約締結(登録)できる方
6.合否判定
<第1次審査>・・・当日中に発表
<第2次審査>・・・合格者のみ1週間以内に郵送にて通知

7.応募方法 PDFファイル申込用紙に必要事項を記載の上、参加費を同封して現金書留で郵送
申し込み用紙・PDFファイルはコチラから
8.応募締切 12月5日(水)必着
9.その他 当日の飲料水・昼食等は各自ご用意ください。
スポーツ安全保険にはクラブ側で加入いたしますが、保険証の写し等をご持参ください。
駐車場は数に限りがございますので公共交通機関のご利用をお願い申し上げます。
10.申込・問合せ 〒310-0022
TEL:029-225-1936 茨城県水戸市梅香1-5-5
/FAX:029-225-3877 茨城県JA会館分館2F
担当:西村・吉成
e-mail:front@mito-hollyhock.net

水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム
()
不明

商品詳細を見る
イングランドの名門mitre社の水戸ホーリーホックオフィシャルユニーフォームです。

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

2007年天皇杯4回戦鹿島VS水戸@カシマ

天皇杯を観に行ってきました。
2007天皇杯鹿島VS水戸


まずは鹿島のスタメンから。

  田代 マルキーニョス
本山 小笠原 青木 野沢
新井場 岩政 大岩 内田
      曽ヶ端

天皇杯初戦と言えども、現段階でのベストメンバーで臨んできた。今週のオリヴェイラや岩政のコメントを聞いた限りでは、水戸相手と言えど、油断はなさそうだ。リーグ戦で5連勝と好調な上、J1優勝が厳しくなっている現状では、10冠を目指すチームとしては、天皇杯は少しも気を抜けないと言うところか。

一方、我らが水戸はこの布陣。

      西野
  良和     大将
倉本 ビジュ 小椋 和裕
  中村 吉本 平松
      原田

前田監督が「ヴェルディ戦のような」と話していた3バックを採用。相手ツートップに3バックが当たり、両サイドバックの攻め上がりを左右のウイングバックと良和、大将でケアする。時に5バックにもなり、守備的な布陣と言える。ボールを奪ってからは1トップの西野に当てて、ボランチや両サイドが攻め上がり、鋭いカウンターを繰り出す。練習期間は短かったが、組織的な守備とカウンターの鋭さは水戸の長所と言える。相手の良さを消し、自分達の長所を活かす布陣である。

この前田監督の戦術は、序盤鹿島を苦しめることになる。鹿島はボールを支配するが、シュートを撃てない。逆に横パスをカットされて、カウンターを食らい、水戸が惜しい場面をつくった。前半20分まで水戸のシュート3に対し、鹿島は0。コーナーキックを何度も得ていたが、水戸DFの集中力が勝り、シュートを撃たせなかった。

均衡が破られたのが21分。相手左サイドで本山がボールを持つと、小椋ら3人が囲みボールを奪いに行くが、巧みにボールキープし、新井場へスルーパス。新井場はスピードに乗ったドリブルで2人をかわし、ゴールライン際までえぐって中央へラストパスを送る。これを田代が右インサイドで落ち着いて決め、鹿島先制。サイドの攻防で勝負あった。数的優位を作っていたのは水戸だったが、それを個人の力で突破されてしまった。

この後は、鹿島の攻勢が激しくなるが、水戸もカウンターで反撃。サイドからのクロスから、25分に西野、29分に小椋がヘディングシュートを放つが、枠をとらえきれず。攻める鹿島は40分にまたも新井場が左サイドを突破し、自らシュート。惜しくもポストに阻まれる。一進一退のまま前半終了。

後半は、開始から水戸が積極的に前に出て、徐々にペースを握ると、57分に右クロスに裏へ抜け出した小椋が胸トラップからオーバーヘッドシュートを放つもバーの上、62分には右クロスを西野が胸に当てたボールがそのままゴール枠内に飛ぶが、曽ヶ端の手の中へ。

一気呵成に攻めたい水戸は、63分、DF中村に代えてFW塩沢を送り込み、4-4-2のツートップにシステムチェンジ。積極的に点を取りに行ったが、結果的にこれが裏目に出る。

水戸の猛攻を耐え切った鹿島は、またもや新井場がサイドを突破し、中央へクロスを上げる。ニアサイドで田代がつぶれ、ファーサイドに飛び込んだ小笠原が体で押し込み2点目。ビジュが小笠原より先に触っていただけに悔やまれる失点だった。

その後は、鹿島が柳沢、興梠を送り込み、猛攻を開始する。水戸も最後まであきらめることなく、西野、塩沢がゴールへ向かい、76分には小椋のミドルシュートが枠をとらえるが、曽ヶ端の好セーブに阻まれた。

0-2のまま試合終了。両チームともに課題の残る試合となった。鹿島は引いてくる相手に確実に勝ちを得ることはできたが、個人の能力に依存した得点であり、組織的に相手を崩すことはできなかった。能力的にも同レベルのJ1上位チームとの対戦では、通用しない可能性が高い。

水戸は決定力とプレーの質、精度などの差で敗れたと言っていい。今できる精一杯のことをやったと言えるが、鹿島との対戦も5回目であり、サポーターはもう善戦では満足しないだろう。失点が共にこちらのリズムの時に取られたものであったことも悔やまれる。特に2点目は前がかりにシステムチェンジした直後であり、必要以上に注意を払わなければならない場面だった。こういったところも経験のなさ、勝負弱さと言えるだろう。

お互いに残りのリーグ戦は全勝を目指しているが、今日の戦いを明日へつなげて欲しい。

最後に、真剣勝負は2度目となる茨城ダービーだったが、絶好の好天に恵まれながらも観客動員が7000人台に留まったのは残念だった。「茨城ダービー」がいつか本当に茨城県民の最大の関心事になる日が来ることを願う。そのためには、水戸のレベルアップが急務だ。

PICT0011.jpg
PICT0020.jpg

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。