FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニューアルのお知らせ。

オフィシャルHPのリニューアルに合わせて、弊ブログもリニューアルいたします。

新アドレスはこちら FC水戸の日々2.0へ

ブックマーク、RSS等にご登録いただいている方は、登録変更の方をよろしくお願いします。

しばらくはちょっと暇なので、更新頻度も増やしたいと思ってます。
スポンサーサイト

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

新外国人、水戸市、メジャーリーガー。

今日の河川敷は多士済々。

河川敷募金フラッグ2
河川敷募金のご協力ありがとうございました。
とりあえず、フラッグを1本立てることができました。

まずは、新外国人の話題から。
PICT0042.jpg
写真左が、某掲示板で話題のメキシコ人。
左利きで20歳のMF。165cmぐらいで線も細い。
右は21歳ブラジル人。
がたいのいいFWだが、足元は柔らかい。

実力の程はまだ分からないが、鬼さんの評価はよくない。
エドさんが連れてきた模様。

続いて、水戸市が激励に訪れる。
PICT0018.jpg
総勢5名で、練習前には選手・スタッフに挨拶していた。
差し入れには、バナナ2箱。

さらには、ほんのちょっとだが、メジャーリーガーが練習見学。
メジャーリーガー
体育館で自主トレしてた模様。

ついでに社長も来てました。
宮田社長

テーマ : 水戸ホーリホックの最新情報 - ジャンル : スポーツ

練習が休みなので。

こんなネタを一つ。日経ネットから。


J2水戸、ファンクラブを再編・ポイント制カード導入

 サッカーJリーグ2部(J2)の水戸ホーリーホックを運営するフットボールクラブ水戸ホーリーホック(水戸市、宮田裕司社長)はファンクラブを再編した。新組織を立ち上げ、これまでの小中学生に加え高校生もJリーグの試合を無料観戦できるようにしたほか、全国の商店街と共通のポイント制会員カードを発行する。会員と観客動員を増やす狙い。

 従来の組織活動を終了して、新たに「オフィシャルサポーターズクラブ」を設立し、会員の募集を始めた。入会金1000円、年会費は一般会員が3000円。18歳以下の「フューチャーズ」は1000円。7月末までの入会者は入会金を無料とする。

 フューチャーズ会員はSまたはA席が無料で観戦できる。無料の対象を高校生にも広げて観戦を促し、将来、チームを支えてくれるサポーターを獲得したい考え。

 カードはシステム開発のクラブネッツ(東京・千代田、冨安仁社長)が全国の商店街向けに展開しているポイント制カードの機能を持たせる。全国約8000の商店で買い物をした際にポイントをため、航空会社のマイルなどと交換できる。


これは一定の評価を得ているとみていいのだろうか。

クラブネッツの加盟店は、現在、県内に数店しかないらしいが、クータとの連携により、今後拡大していくことが予想されるし、クータの広告掲載店などにサポートシップスポンサーの拡充が図れれば、直接クラブの収益につながる。

他のクラブの取り組みがどんなものか分からないのだが、以前よりはいくらかましになるのではないか。運営を外部に委託したことで、手間と労力をかけずに済む分、他のところに力を入れて欲しいところだ。

いずれにせよ、これからの取り組み方に成否がかかってくるだろう。

佐藤さんおつかれです!

以下、フットボール定食、佐藤氏記事より。

>佐川急便SCのMF堀健人(25)が水戸に移籍することが濃厚となった。
>爆発的なスピードが売りの堀は左サイドMFとして活躍。
>右サイドの嶋田正吾(29)(岐阜に移籍)とともに佐川急便のサイド攻撃を担い、チームのJFL制覇に大きく貢献した。
>水戸では右サイドの金澤大将とともにサイドを切り裂くこととなるだろう。

昨日の練習で鬼さんに聞いた時は、急便のFWを獲ったと言っていた。
たしかに登録はFWなんだけど、実際は左SMFなんだね。
水戸ではどこでプレーするかどうかわからないけど、即戦力となりそうなので、楽しみです。

TRM VS流通経済大学(JFL)

監督解任の噂もなんのその。今日もFC水戸は行く。

本日行われた流通経済大学とのTRMをレポートします。
TRM vsRKU


試合はサブ組と練習生中心。スタメンは次の通り。

   エジ 島貫
森 村松 スイス 練習生1
金 初田 ブルーノ 大橋
     本間

流経大はJFL参戦チームとのこと。
昨年まで水戸に在籍していたガッツこと森コーチも帯同。ちょっと太ったね(笑)
4-4-2でスタート。後半途中から3-5-2へ。

ゲームはほぼ互角の展開。外国人ボランチスイスの散らしが冴え、水戸のサイド攻撃が活性化。練習生1のドリブル突破や、村松の縦横無尽の動きで多彩な攻撃を繰り出す。しかし、流経大のプレスがたくみで、ゴールは奪えず、逆に慣れないCBコンビの間を通され、失点。

後半のメンバーはこちら

      遠藤 富士大
練習生2 椎原 スイス 眞行寺
 木村   篠 ブルーノ 大橋
      本間(原田)

後半はやや水戸ペース。富士大の裏への飛び出すスピードがすばらしく、何度か決定機をつくった。ケガ明けの遠藤もポストプレイやヘディングなどでチャンスを演出。2人のFWで7本ものシュートを放った。

椎原やスイスのようなパサータイプのMFは受け手がいると真価を発揮する。何度か決定機をを外してきた富士大だが、4度目でようやくゴール。右サイドからのグラウンダーのクロスをGKの手を弾いてゴールへ流し込んだ。

このまま1-1で試合終了。お互いにそれぞれの特徴を出し合った試合でした。

水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム水戸ホーリーホック ホーム ユニフォーム
()
不明

商品詳細を見る
イングランドの名門mitre社の水戸ホーリーホックオフィシャルユニーフォームです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。